スケジュール共有や勤怠管理などで効率UP|グングン企業成長術

ITシステムを理解して幅広いことに活用する

遠くからでも参加

ネット環境があればどこからでも参加可能

普段は遠隔地にいる人たちを一か所に集めて会議を行うのは、たとえ議題が重要なものであったとしてもスケジュール調整や旅費の工面などを考えると多分に非効率な面がありました。 そこで、テクノロジーを利用して離れた場所にいながらでも会議に参加できるようなシステムが、これまでいくつか開発されてきました。最も初期のものとしては電話会議があり、テレビ会議がそれに続きました。そして現在普及が進んでいるのが、web会議です。 web会議とはインターネット回線を利用して映像や音声をやり取りし、会議を成立させるシステムのことです。参加者はパソコンをネット回線に接続するだけで会議に参加できます。スマートフォンやタブレットPCの利用もすでに技術的には可能になっているので、将来的には移動する車中からの会議参加なども容易に実現できるようになるものと予測されています。

高度なマルチコミュニケーションを実現

web会議は既存のインターネット回線をそのまま利用するので、専用回線を使った従来のテレビ会議よりも低コストでシステムを構築できるという利点があります。会議に参加するために必要な機器も各自の所有するパソコン等に会議用ソフトウェアをインストールし、webカメラとマイクを接続するだけで用意できます。 また、webの特性を生かしてマルチな情報交換ができるのもweb会議の大きなメリットです。映像・音声のほかにテキストデータや図像もやり取りできるので、会議資料やグラフなどを同時に表示することでスムーズなコミュニケーションが図れます。 ただし一般回線を利用するため、セキュリティには注意が必要です。システム構築にあたっては外部の侵入や情報の漏えいを防ぐために十分な対策を講じる必要があります。

  • コストを下げる

    メディアなどで耳にするようになったクラウドとは、インターネット上の空間を使って、様々なサービスを管理するというものです。勤怠管理をクラウドにすることで、費用を安く抑えることができます。

    詳しく読む

  • 目的

    連結会計とは、子会社や完結会社を含めたグループ全体の会計のことです。なぜ連結会計を行うのかというと、それは投資家の保護です。連結会計を行うことで、グループ全体の財政状況を明確にすることができるのです。

    詳しく読む

  • 効率性が重要

    運送業で重要なのは、効率的にやることです。効率的にやるためにはシステム化が必要なのです。今後の運送業の課題となるのが、システムを一元化するために、いくつかの大きな企業になるべきということです。

    詳しく読む

  • 正確に管理する

    勤怠管理は企業には必要不可欠です。人材の給与は利益にも関わっており、正確に勤怠管理システムで管理することが求められます。費用もあまりかからないので、導入して欲しいシステムです。

    詳しく読む